FC2ブログ
ラーメン屋さんだけではなく、地元のスーパーや地元の農産物販売店にも足を延ばす。
う~ん、地元の食材が堪能できますなあ。
もちろん、地元のラーメンも売っています。
どういうわけか、今回は買わなかったのだ。
あれ、また近いうちに来るから・・・と云う予感がそうさせたのかな?(笑)

ともあれ、午後のアンニュイを楽しむべく弘前の「ゆぱんき」さんへ皆を誘う。
20091024210647.jpg
20091024210649.jpg
近所の五重の塔だ。
美しい。
20091024210652.jpg
お岩木山。
霞がかかってこれも素敵だ。
20091024210654.jpg

青森市に入り、「田むら」さんにお邪魔。
あっさり煮干し。
20091024210656.jpg

最後に食べた「長尾中華そば 浜田店」の極太手打ち中華そば。
これにはヤラレタ。
美味いのだ。
麺、スープ、具。
どれも美味い。
奇を衒わないこの一杯は、今まで食べた煮干し系を全て過去に追いやってしまった。
それほど美味かった。
ボク的にはイチバン。
ボクイチだ。
五杯食べたあとでもだ。
20091024210659.jpg

青森には「煮干し」と言う土壌がしっかりと根付いている。
もちろん、これは「伝統」である。
古くからの店主たちはこれを守っている。
だが、新しい店主たちはこの土壌を生かして「革新」を起こそうとしている。

それは物まねではない新しい波だ。
「伝統」を否定せずそれを昇華させるチカラを彼らは持っている。
そして、現実にそれは形となっていく。

ボクが頻繁に煮干しラーメンを食べに行くのは、それを体現したいという気持ちがあるからだ。
「伝統」と「革新」。
それを交互に味わえる街。

それが青森の煮干しラーメンなのだ。

Secret

食事療法