FC2ブログ
20090907_449253.jpg

以前、持込の生醤油で醤油ラーメンを作ってもらったことがある。
とても美味かった。

麺もスープもだ。
鶏が香り、麺がそれを鼻腔に運ぶのだ。
満足、満足。

ただ、どこかで食べたなあ、この味。
どこだろうどこだろうと思いを巡らせていると、「ああ、世田谷の中華料理屋で食った中華そば!」。

そうなのだ、この味が中華そばの味だ。
僕がそれを食べたのはもうずいぶん前だ。
しかし、当時の東京はこの中華そばの味が基本だったような気がする。

今の東京の中華そばは向かいsながらの中華そばではない。
だが、偽者とは言い難い。
日本中に中華そばがあり、それぞれ個性のある味の中華そばだからだ。

だが、鶏中心の中華そばこそ正道だ。
無くなって欲しくない味である。

「菜々兵衛」さんの店主が意図して作っているかはわからないが、本当に東京の中華そばとはこういうものだと改めて思い出す逸品である。

この店主の引き出す鶏スープの味は札幌でも稀な旨さである。

札幌の和食の職人さんも食べに行けば良い。
札幌の和食のレベルは高いとは言えない。
素材に頼るところ多いのでが向上心が足りないからだ。

北海道は素材の環境が良すぎるために腕の立つ職人は育たない。

悲しいことだ。


Secret

食事療法