FC2ブログ
2009.03.31 夜の平岸系
「麺 eiji」さんに行く。
煮干しSOBA。
「夜はけっこう煮干しが強いんです」
店主は不安そうだ。

煮干しが好きな僕には丁度良い煮干し加減だ。
「美味しいね、僕にはピッタリですよ」
「ありがとうございます。どうしても夜はエグミが多くなりますよねえ」
「麺もピッタリじゃない?全然違和感も感じないから啜るときのストレスが沸かない」
「さがみ屋さん、頑張って作ってくれました」
「古川さんが一生懸命だからじゃない?」
「いえ、そんなことはないです、お客さんたちのおかげです」
それほど器用に生きてはいない男は、少しはにかみながら小さな声でつぶやいた。
20090331195138


昼は行列の店だが夜は比較的入りやすい。
「山嵐」さんだ。
久しぶりだ。
カウンターに座ると店主と目が合った。
あれ、なんか変だ。
「あ!」
券売機で件を買うんだった。
道理で店主はこっちを見てたはずだ。
お恥ずかしい。
白ネギダク。
大盛りのネギは香りの天蓋となって、箸を入れたとたんにスープの香りが鼻に来る。
「美味いなあ」
そう口に出さずにいられないほどの美味さだ。

「ばくさん、角館の風雅さん食べたいです」
「そうだねえ、スケジュールが合えば行きましょうか?」
「そうですね、ぜひお願いします。」
これだけの行列店になっても大村店主は研究熱心だなあ。

20090331195120
Secret

食事療法