FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.26 三陸縦断2013
三陸を縦断。

今回は大人数。
と言ってもラーメン仲間ではありません。
親戚一同13人の小旅行。

20130615-0616 三陸縦断の旅 224

20130615-0616 三陸縦断の旅 225


今回の愛機。
頼むぜ。
20130615-0616 三陸縦断の旅 146


朝食は「八戸陸奥湊市場」で。
20130615-0616 三陸縦断の旅 128

20130615-0616 三陸縦断の旅 129

とにかく安い。
釧路や函館でこれだけのもの買ったらかなりの金額になる。
安いわ~。
20130615-0616 三陸縦断の旅 134

「あまちゃん」舞台の「小袖浜」にも行ってきました。
途中の細い道は景勝ですぞ。
あまりに細くて対向車とすれ違うのも怖かったので写真も撮らないで残念だった。
20130615-0616 三陸縦断の旅 246

20130615-0616 三陸縦断の旅 248

「龍泉洞」にも行きました。
とは言っても行ったのは親戚のおじちゃんとおばちゃんたち。
ボクと妻は何度も行ってるのでパス。
車椅子の叔母も居たのでお土産を買うお手伝い。
20130615-0616 三陸縦断の旅 257


「浄土ヶ浜」。
「三陸復興国立公園」になったんだねえ。
20130615-0616 三陸縦断の旅 149

20130615-0616 三陸縦断の旅 274

20130615-0616 三陸縦断の旅 150


「大槌町」。
昨年行ったときよりは片付いていた。
でもそれはがれきが「片付いた」だけ。
それほど前には進んでいないということ。
20130615-0616 三陸縦断の旅 164

釜石で一泊。
ホテルは激混みだった。
3か月前に予約していたのが良かったなあ。


翌日は気仙沼。
この船は7月くらいから解体が始まるらしい。
予算のめどがついたようだ。
しかし、「復興予算」ってものがあるだろうに。
なんで関西で「復興予算」を使うのか理解できない。
悲劇から生まれた予算を使い込んで恥かしいとは感じないのかな。
関西って「恥」の文化ってあるのかなあ。
ま、あったら予算を使うことは無いだろう。
三陸の犠牲者の方々から生まれた予算だってことわかってるんだろうか。
理解できないなあ・・・。

20130615-0616 三陸縦断の旅 185


石巻を通り時間が押してきたので夕食を金手の回転寿司。
仙台では老舗の「平禄すし 仙台本店」様。
客への応対がひどい。
店内は前客7~8人ほど。
13人の団体の我々が入店したくらいでパニくるのか?
注文用紙に食べたいものを書いて2枚渡すと「一枚づつ渡して!」と注意された。
「ずっとできないから、一枚づつ渡して!」。
これには人生百戦錬磨のジジババたちも茫然。
おまけに頼んでいないお寿司をボクたちのテーブルに持ってくる。
「頼んでいない」というと「いや、頼みました!」と言って皿を引っこめない。
仕方なく取るとまた違うお寿司を持ってくる。
これまた強引に置く。
酷い目にあったわあ。
ここの店の図体のデカイあんちゃんは要注意だね。
やはり仙台ではキングオブ回転寿司の「平禄」様。
客のことは客だなんて思っていないのでしょう。

20130615-0616 三陸縦断の旅 104

もうこれでジジババたちは「二度と仙台には行かない」と弱くなった脳の回路にインプットしちゃったようだ。
仕方が無いか、こんな扱いされたんじゃ。

あ、将来仙台に行かれる方で、回転寿司喰いたいなあと思ったら「旨い すし勘」と言う回転寿司屋さんがあるのでぜひそこをお勧めします。
仙台市内にも何軒かあります。


帰りは太平洋フェリー「いしかり」
昨年も乗ったけど船旅ってやはりいいですねえ。
20130615-0616 三陸縦断の旅 051

20130615-0616 三陸縦断の旅 033

20130615-0616 三陸縦断の旅 195

20130615-0616 三陸縦断の旅 198

20130615-0616 三陸縦断の旅 211

今回の走行距離は「588キロ」。
う~ん、やはりそんなもんか。
あまり走ったと言う感じはしなかったなあ。
でも昨年に続いて三陸を訪ねることができてよかったと思う。

ゆっくりでもいいから前に進む街を見て行きたいと思う。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
食事療法