FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






また行ってしまいました。
「白龍」さんのじゃじゃめん。

初めて食べたのは15年前。

1月の寒い盛岡。

苫小牧からフェリーに乗って八戸に上陸。

高速に乗ってひたすら盛岡を目指した。
最終目的地は仙台だったが。(笑)

岩手(花巻・盛岡)は中学のころからある種の憧れがあって、転勤の話があったときはその場でOKをした。

globeのdeparturesを聞きながら盛岡インターで降りた。
盛岡に到着したのは9:30頃。
船の中で到着予想時間とその日のタイムスケジュールを綿密に立てていた。

予想通りの時間に盛岡駅前に到着。
駅前の駐車場に車を停めまっすぐ開運橋を目指す。
橋を渡る途中に見た岩手山の素晴らしさに感動した。

やがて大通り商店街に入り映画館通りをクロスしたところに「うえの」と言う喫茶店があるのでそこで時間調整。

「白龍」の本店はその喫茶店からさらに歩いて10分から15分と言う予想。
やがて時間が来てまた歩き出す。

12分ほどで開店前の「白龍」の前に立つ・・・と同時に人がワラワラと来て後ろに並びだした。
タイミングが良かったのだろう。

このころから日ごろの行いが良かったので当然と言えば当然なのかもしれないが。

やがて暖簾がかかり「どうぞ~」と中に導かれて驚いた。

「ここで食うのか?!」と思うほど狭くて古いのだ。
なにせカウンターには8人くらいでその後ろがヒトひとり通るのがやっとの幅でテーブルが3っつ並んでいるのだ。
「おお~、こりゃ趣がバツグンの店だ!」と妙に楽しくなってしまった。

「初めて食べます」と最初に断りを入れて注文をさせてもらった。
店員がいろいろとアドバイスをしてくれて何事も無く食べられた。
そしてシメのチータンタンには驚かされた。
これがまたシメにピッタリの味で最後の最後までじゃじゃを堪能できた。

すっかりこれでジャジャメニストになってしまったのである。

このあとは冷麺を二軒、わんこそばを・・・と思ったのだがさすがにわんこは後日体調を整えて!と自制した。

時間も無くなって来たのでいちおう(笑)仙台に向かい適当に仕事を終わらせ、翌日はまた盛岡に戻り事務所探しと住居探しを始め、それもほどなく落ち着き本格的にイワテライフを楽しむこととなった。

じゃじゃ麺は盛岡に居るときは毎日食べた。
「白龍」タイプと「不来方(こずかた)」タイプの2種類があることもわかった。
個人的には「白龍」タイプが好みだ。

盛岡のラーメンも食べた。
蕎麦も食べた。
だがそれも食べつくすと今度は焼肉と冷麺も毎日食べることとなる。

盛岡の焼肉は安くて美味い。
冷麺はその焼肉には欠かせない。
だが単品でも食べられるのでこれまた真夏は毎日食べる。

岩手の野菜、豚牛鶏、三陸の魚。
滅法美味いのだ。

福田パンも知った。(笑)

これほどツブゾロイの土地はそう滅多にあるもんじゃない。

イワテライフは至高のライフタイムだった。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
食事療法