FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「達人が来ているのですから札幌ラーメンネットでオフ会をやるのは当然だと思います。」

もう数年前になる。

とあるラーメン店主から上の内容のメールが来た。


もともとこの店主は自己中心的で達人が来れば、「達人のアシ」となる地元のラヲタを集め、自分がこれだけのラーメン関係の「スゴイヒトタチ」と交友関係を持ってんだぞ!スゲーダロ!ダカライウコトキケ!的なことをラヲタだけでなく店主ナカマたちにも誇示すると言う素晴らしい店主の鑑なのだ。

かく申すワタクシも数年前にラーメンチャンプのK氏を乗せて猛吹雪の中、クルマに乗せて何軒か回ったことがある。
この店主に騙されたというか誰もクルマでは案内すると言わなかったので止む無く案内をすることになった。
まあ、達人ともなれば地元の程度の低いラヲタなどが案内するのは当然なのだろうから、さほどの礼を言うわけでもなし「ドーモドーモ」で案内は終わった。
礼儀を知らない社会人だ。

ここで疑問だが彼らは仕事で来るのだろうから「必要経費」でタクシー、レンタカーなど使えるはずだ。
なんせ、ラーメン関係の会社の人間なんだろうから。
もし、事故でもあったらこういう場合の処理はどうなるのか?

今考えるとちょっと怖いことでもある。

免許があればレンタカー、無ければタクシー。
こういう一般社会常識をもなんとも思わないところがラーメンの達人の素晴らしいところだ。
よほど経費が使えない会社なのだろうか。

後日このK氏の出版した本のタイトルが出た。
うろ覚えだが「クルマで行くラーメン屋」(笑)
掲載全店とは言わないがけっこう地元のラヲタを使って行ったんじゃないのか。
そのうえ「その節は・・」なんていう礼もないところがラーメンの達人らしいところだ。

ま、それはイイとしてとにかくこの達人様タチ。
札幌、いや北海道ではほとんど影響力は無い。

あるとしたらサツエキのラー共の季節メニューくらいか。
なのであとは推して知るべしだ。

話は逸れたが、件のラーメン店主的には地元のラーメン好きと達人とでは、はっきりと「上下」の差別は付けているようだ。

オフ会の件はあたりまえだが断った。
SRN的には「する義務も無いしする必要」も無い。

この店主とはそれほど親しくは無いのでその後はどうなったか知れない。
今でも達人様が来たら嬉しそうに子分のラーメン店主を引き連れて、得意満面になって歓迎会をやっているんだろう。



しかし、「ラーメンの達人」ってなんなのだろう・・・、謎は深まるばかりだ。


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
食事療法