FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開記事。

本の整理をしていたらこういうものたちも出てきた。

白河ラーメンを食べ歩いたときのバイブルだ。(笑)
美味しいラーメンをいただけたことに感謝!
img005.jpg

これまたバイブル。(笑)
これがあれば喜多方ラーメン攻略は簡単だ。
思えば「喜多方ラーメン」はご当地ラーメンブームの火付け役だ。
街をあげてアピールしている努力が「喜多方ラーメン」をブランド化に導いたのだ。
元祖ご当地ラーメンのサッポロラーメンは今や名前だけの虚ろな偶像化をひた走るだけだ。
なにせ、喜多方には「喜多方老麺会」と言う組織がある。
こういった組織は存在自体良いか悪いかは別として、ブランドの条件を水準維持するためには必要なのかもしれない。
img006.jpg

そして、ラーコンの元祖「新横浜ラーメン博物館」。
このころの布陣は天下無敵だったなあ。
img002.jpg

「ラーメン劇場」は千葉県長沼にあるワンズモールというショッピングモール(当時はダイエー主体)の中にあったラーコンだ。
「旭川浪漫村」は旭川イオンに併設されたラーコン。コンセプトの甘さからアッ!と言う間に縮小された。
甘いと言えば小樽の「運河食堂」も鳴り物入りでオープンしたがこれもバブルラーコンだったっけ・・・・。
「津軽ラーメン街道」は青森県五所川原にあるイトーヨーカドーに併設されているラーコンだ。
こちらは今もちゃんと営業しているラーコンだ。
店の入れ替えなども定期的に行われていて、ショッピングモールラーメンコンプレックスでは珍しいと思う。
img003.jpg

バブルラーコンと言えば函館の「ラーメンブギ」だろう。
いくら湯の川温泉にあったとはいえすぐに「泡」と消えるとはシャレにもならない。
「ラーメン国技場」の仙台場所。
この国技場はどこかの県にもあったようだ。
「ラーメン浪漫館」は今はもう無いようだ。
img004.jpg

盛岡三大麺のガイド。
実は蕎麦も美味い。
img001.jpg

最後は旭川の幻の名店「糸末」さん。
このショップカードは旭川AEONの「旭川浪漫村」に入ったときのもの。
「糸末」さんのつけ麺は今も忘れられない。
今までいろんなつけ麺をいただいたが、いまだにここのつけ麺を超える店には当たらない。
もう一度食べたいつけ麺はここ「糸末」さんだけだ。
もう食べられないのかなあ・・・。
img007.jpg
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
食事療法