FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
札幌(北海道)のラーメン屋さんには丼になみなみとスープを注ぐ店が多い。
これは昔からの札幌ラーメンの伝統だね。

北海道を離れてから気がついたことのひとつだ。
客に腹いっぱい食べてもらおうということなのだろう。

あまり本州ではこの手のラーメンは見受けられない。
食べずらいんだけどね、なみなみスープは。
でも、やはりこれって地元のラーメンなんだなあって思う。

本州に住んで気がついたことといえばまだある。

マルチャンのダブルラーメンが無い。
やきそば弁当も無い。
みよしの餃子も無い。
ベルタレも無い。
なんといっても、ラーメン屋に入ってもニンニクや野菜の炒めた匂いがしない。

それとラーメンの基準がちょっと違う。
東北の人に言わせると、初めての店は「みそラーメン」を頼むんだそうだ。
なぜかというと「味噌はハズレが無いから」と言うことらしい。
札幌にも初見は「ミソ」という人はいるだろうけど、ちょっとニュアンスは違うようだ。
札幌の人は「味噌ラーメン」でその店の評価をするということだ。
やっぱり、札幌はミソラーメンなんだろうなあ。

あ~、中には「シオ」の人もいるけど。(笑)


小さいことだが、日々の道外生活で気がつくとけっこう面白いことが多い。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
食事療法