FC2ブログ
2009.12.27 年末は靴磨き
「侘助」さんでグルメなラーメンをいただいたあとは、「そうだ靴磨きしよう!」と思い立ち家に戻る。
仕事用の靴は14足。
二日履いて休ませるというローテーションなのでどうしても2週間分は必要だ。
本来は月曜日から土曜日までで12足で十分だ。
だがレイン用の靴も2足入れているので14足になる。
久しぶりに14足も磨くと疲れる。
磨き終わり靴袋に収納してホッしたところで気がついた。
「あ、写せばよかった・・・・」
だが、仕事用の黒と茶の靴ばかりだから、年増ばかりのゲイバーのように味はあるが色気は無い。


そうだ、この勢いを借りて今度はカジュアルシューズの手入れをせねばなるまい。
今度は写そう。(笑)

ヘルニアを患って以来、無理な履き方をする靴は履かなくなってしまっている。
最近はこの「aff」というブランドネームのこの靴がお気に入りだ。
靴底は生ゴムなのでクッション性もよく、多少の雪道では滑りにくい。
またキッチリと紐を縛り上げることで歩くときの快適性も確保される。
靴画像 005

これは「エンターティナー」と言うブランドだ。
製造元は「弘進ゴム」だ。
買ってから10年は経つなあ。
コンフォートシューズの類ではないが、とても履きやすい靴である。
靴画像 002

「ホーキンス」だ。
元色はもっと明るい茶色だった。
買ってすぐ革にミンクオイルを染み込ませるのが好きなのだが、こんな色になってしまう。
これも履きやすさはバツグンだ。
靴画像 001

「ティンバーランド」だ。
これももう10年くらいになるか。
足首までのホールド感が疲れを感じさせない逸品だ。
靴画像 008

「ホーキンス」だ。
これは昨年購入した。
とても履きやすい靴だ。
靴画像 007

これは意味不明のブランドだが、履きやすいので衝動買い。
なまら安かった。
ジーンズよりもコッパンなどを穿いたときにに良い。
靴画像 016

「ティンバーランド」だ。
これまた履きやすい靴だ。
桜見物のときは楽に歩けて重宝した。
なんといってもソールが独特でまさに歩くために作られた靴だ。
靴画像 015

メーカー不明だが「ZIPPO」の文字に惹かれた。
履いてみるとすこぶる履きやすい。
短所はヒモが解け易いとこだ。
あまり頻繁に解けるので二重に縛ったら解けなくなったが、解くこともできなくなった。(バカ)
靴画像 014

そう言えば、まだ磨いてないのがあったと思い隣の部屋へ移動。

これと
靴画像 026

これと
靴画像 025

これだ。
この3足には非常に悔しい思い出がある。
あまりにも好きな顔つきの3足が並んでおり、エイヤット~!!とまとめて買った。
かなりご満悦で妻には自慢した。
一週間後にその店に行ったらなんと半額で売っていた。
横に立っていた妻からはなんとなくだが殺気がこちらに向けられていたような気がする。(汗)
靴画像 024

「ホーキンス」。
サイドに通気口がビルトインされていて蒸れない。
これも歩きやすい靴だ。
靴画像 030
「ロックポート」だ。
ビジネス用は半分はロックポートだが、なぜかカジュアルのときのロックポートは冬用の一足とこれ一足だけだ。
独自のソール機構で疲れにくいのが特徴だ。
非常に歩きやすく、本州への出張や旅行では重宝している。
靴画像 028

どういうわけか白の靴だ。
夏に白い麻のパンツに合わせて買った。
ブランドタグはあるが、よくわからないネームが織り込まれている。(笑)
靴画像 031

なぜか、ウエスタン(風)ブーツだ。
アメ横でインド人が売っていた。
本格的なウエスタンブーツはちょっと履く機会も無ければ、それほどの興味も無いので買うつもりも無いが、これくらいのものならなんかの時に履けるかと思って買った。
最初は「ゴマンエン」と言われて値切り続けたら「ゴセンエン」になった。(笑)
商談が終わって金を払ったら、値切りの最中ずっと後ろにいたのだろうか地回りが「ハイ、ここでの商売はここまで」とインド人はどこかに連れて行かれた。
思ったよりも作りも良く履き易いのでビックリ。
靴画像 027
雪道対策用の一足だ。
「ダンロップ」社製。
この会社の冬用の靴は良い。
滑りにくい。
履きやすいしホールド感もある。
もう一足欲しいところだ。
靴画像 006

これは除雪用の一足。
靴画像 004

「ロックポート」
インナーと言うか靴の中のフサフサ仕様がなんともいえず買ってしまった。
本番は暖かいのかなあ?
靴画像 003

「アデダス」は自分の足幅では履きづらいのであまり持っていない。
この2足は履き易いので履いている。
靴画像 012
これはデザインが好きで買ったが、履きやすいのでけっこう夏場は履いた。
靴画像 011

「ケー・スイス」だ、若い頃は「アデダス」のパクリかと思っていた。(笑)
ホールド感があって質の良い靴だ。
靴画像 010

「ニューバランス」。
綺麗なのはこの3足くらいで、あとはボロボロ。
ボクの足幅ではとても心地好いトレシューのブランドだ。
靴画像 018
靴画像 022
靴画像 021

「リーボック」だ。
ビタミンカラーが欲しかったので購入した。
やはり、これも履きやすい一足。
靴画像 020

「月星(Moonstar)」の「ワールドマーチ」。
世の中には様々なウオーキングシューズがあるがこの「ワールドマーチ」はオジサン族にはうってつけのブランドだろう。
「ワールドマーチ」はONTIME USEとOFFTIME USEがありそれぞれ使いこなせる靴がある。
ボクの仕事用の靴は半分はロックポートでもう半分は「ワールドマーチ」だ。
ウオーキングシューズにも驚くほど高価なものがあるけれど、ワールドマーチはそれほど高いものは出してはいない。
一度履いてみて損は無い靴だと思う。
靴画像 013

あ、これは「ナイキ」の冬用の靴だ。
今は除雪用になっている。
「積雪」用のソールなので、札幌の街中の「凍り道」にはかえって危険なソールだ。
なので、除雪専用だ。
靴画像 009

Secret

食事療法