FC2ブログ
2013.02.27 食材調達



滝沢村の「土日ジャンボ市」に食材を調達。
この時点で道路状況を把握していれば角館経由で帰れたのかもしれない。

野菜が安かったなあ。

次回はここの食堂で必ず!
2013.02.27 むふ♪
福田パンは青森で平らげました。
美味かったなあ。




あとはこちらの面々、いや麺々。

楽しみだ♪








2013.02.27 にぼShin@弘前
実を言うと日曜日に北海道に帰るはずだったが、盛岡でなんだかんだとしているうちに東北道が暴雨雪で閉鎖。
あれまあ、と思って「ま、鹿角あたりまで行けば開通してんじゃね?」とお気楽な気持ちで車を走らせることに。
妻は「そんなに甘くないと思うが・・」と言った。
その言葉は現実となった。
つまり青森まで「閉鎖」と言うことだ。(涙)

慌てて青森で急遽泊まることにしてホテルの予約をしてちんたら進むこととなった。
大鰐の手前まで来てやっとひとごこちがついた。

「メシはどーする?」
「どうしよう?」
ラヲタの妻は「にぼShinでラーメンだな」というのでしたがうことに。






美味かった。
やはりこのネギの切り方のほうが煮干しを上手に味わえる。


AEONに用事があったので寄る。
そばかっけを買うのだ。

その途中食品売り場のパンブースでなんと「福田パン」の実演販売がやっているではないか!!!!

スゲ~~~!!!








お客さんのリクエストに答えます。
好きなジャムなどをダブルで塗って貰えます。




このジャム類の多さ!!
圧巻です!



東急百貨店さん、次回の催事には是非呼んで下さいよ~~♪
2013.02.27 錦本店@大館
大館の「錦本店」に行った。

3回目くらいだ。
初訪問はかなり前だった。
記憶は定かではないがさほど昔ではない。
「飛騨ラーメン」が閉店したころだったか・・・・。
違ったかなあ・・・・。

青森の「長尾中華そば」さんとのスーパーコラボ「ど煮干し」が目当てだ。

食前のイメージでは煮干しガツン!だったがそれは見事に覆された。









しかし、巧く作られた逸品だ。
最初は煮干しの香りが来る。
口に運ぶと鶏スープが最初に来た。
おやおや?と思っていると急に煮干しが襲ってくる。

鶏スープと煮干スープの鬩ぎ合いの渦中に巻き込まれた。
そんな感じだ。

悔しいなあ、翻弄されてるじゃないか。
この爆食王が!(笑)

本当に食べ手としては悔しいラーメンだ。

悔しいと言っても嬉しい悔しさだが。

チクショー、覚えてやがれ!(笑)




醤油と塩もいただくことになった。

ここで感じたのは3年前にいただいたmのとはかなりブラッシュアップされた味になっていたことだ。

こういう言い方は店主にはどうかなとは思うが「苦労」を重ねた感じがする。
つまり「美味いラーメン」の作り方を苦労して構築した、と言うことだ。
「美味しくないわけが無い」ラーメンを作ることの難しさ。
一部のマニアだけに受けるような「特殊な美味しさ」ではない「美味いラーメン」を作ることは至難の業だ。
店主自身も全国のラーメンを食べ歩いて研鑽を重ねている。
それを結実させることができる「錦」の店主はラーメンに対する半端のない情熱を一杯に表現できる数少ないラーメン店主だ。





食事療法